気管虚脱の治療は高額になりやすい!しっかりとカバーできるペット保険を

気管虚脱ペット保険選びポイント

 

気管虚脱は重度になると呼吸困難になり、チアノーゼや最悪死亡するケースもある恐ろしい病気。特に小型犬は高齢になると気管虚脱になりやすい傾向にありますが、事前予防は難しいのが実情です。

通常は通院による治療になりますが、重度になる場合は外科手術による治療になります。その場合数十万という治療費になりますし、その他入院費もかかるため、ペット保険は高額でもしっかりと保障をうけられるプランが良いでしょう。また通院も長期間になりますから、回数限度額で補償が受けられなくなる心配がないよう、多めの回数制限もしくは無しのペット保険を選ぶことをおすすめします。

 

気管虚脱に最適なペット保険はペットメディカルサポートのPS保険

PS保険の特徴

1.補償の手厚さ

しっかり補償

PS保険は気管虚脱にかかる治療費をしっかりとカバーできる補償内容です。

同等の保険料の他者の最大補償額は50万~80万に対して、PS保険は100万円まで補償。

手術は2回、通院20日、入院30日と日数制限も十分すぎる設定なので、安心して治療に専念できます。

 

2.補償金受取のはやさ

PS保険は業界随一で補償金の手続きが簡単なことでも有名です。

通常は医師からの診断書や報告書を郵便で提出するなど手続きが手間なため平均12営業日はかかります。

しかしPS保険は手続きを簡略化することで、平均3.6日ととってもスピーディ!

初心者にも利用しやすいペット保険といえます。

3.保険料が安い

保険料の安さ

補償の手厚さに対して、保険料が安いのも特徴です。

PS保険は会社の経費を削減し、インターネット中心の手続きにすることで保険料の安さを実現しています。

値上がりも非常に少ないため、愛犬が高齢になっても予想外の高額出費になることがありません。

 

オリコン顧客満足度3年1位はダテじゃない!

PS保険がおすすめ

補償の手厚さ、利用のしやすさ、保険料の安さに加えてカスタマーサポートが親切という評判も多いPS保険。

オリコン顧客満足度調査で、2012~2014年度の3年連続1位になっていることからも、

利用者の満足度の高さがわかるかと思います。

愛犬の治療は国の保険が存在しないため、高額になってしまいます。

いざという時の出費を少しでも減らし、しっかりと愛犬の治療をするためにペット保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ